年齢

住宅を購入するタイミングとしても最も多いのが、37.6歳となっています。それまでに貯金をしておけば、より理想とする物件を選りすぐることができますし、すぐに購入すると良いでしょう。

頭金の額

できるだけローンを組まないのが理想的ではありますが、一般人にはそういう訳にもいきません。ですので、どれくらい頭金を貯めておけばいいのか予めリサーチしておくと良いでしょう。

平均的な金額

婦人

土地付き住宅の場合

最低でも、およそ520万円を先に支払っておくことによって、無理をせずにローンを返済することができるでしょう。最近は夫婦共働きのところも多いので、コツコツ貯金すればなんとかなる額だと言えます。

建売住宅

建売住宅は一番安くなっており、およそ450万円となっています。これならすぐにでも購入することができるので、マイホームを欲しいと思っているのなら検討してみると良いでしょう。

マンション

マンションは立地にもよりますが、800万円台が妥当だといわれています。一戸建てよりも他の費用がかかりにくいぶん高額となっていますが、長い目で見たらさほど高くないとも言えるでしょう。

前もって用意するもの・しないもの~新築の費用を解説~

メンズ

税金について

大阪狭山市や岡崎市で新築物件を購入するのなら、できるだけローンを組まずに現金払いをするように心掛けると良いでしょう。また、新築物件にかかる費用として代表的なものが、住宅ローンを契約する時に発生する印紙税や土地などを証明するために登録する費用が必要となっています。これらを行なうには手間がかかってしまいますし、ミスをする可能性もあるので、司法書士に頼ることがほとんどとなっています。そうなりますと、司法書士に支払う金額も揃えておかなければなりません。そして、新築物件や分譲住宅を購入すると不動産取得税というものを支払わなければなりませんし、ローンを払い終えても、固定資産税というものが付いて回ります。

ウーマン

保険料もかさむ

新築物件を購入するために銀行からお金を借りる場合は、融資手数料や保証料が要ります。そして、建物が火災や地震に見舞われてもいいように火災保険、地震保険に加入する義務があります。そして、団体信用生命保険に加入することによって、晴れて大阪狭山市にマイホームを購入することが可能となるのです。

親子

引っ越し費用

大阪狭山市の新築に引っ越すために引っ越し業者を利用するなら、利用料がかかります。そして、大きめの一戸建てにしたなら、その分家具やインテリアなどの料金も見据えておかなくてはなりません。また、住んだ翌月から電気代や水道代といった光熱費の請求もあるので、できるだけ頭金を支払ってから購入するのが利口と言えるでしょう。